過剰なアルコールが問題

お酒を飲んだ後のタダシップの服用

お酒などのアルコールを吸収することで、性欲が高まると言われています。

 

そのために、アルコールを吸収した後に、タダシップなどの勃起不全治療薬を服用する人もいます。

 

 

基本的に、アルコールを吸収した後に、タダシップを服用しても特に問題はないと言われていますが、過剰に服用すると血管に対して副作用が起こる可能性があるので注意が必要。

 

 

微量のアルコールは、性欲を高めたり健康的な体を維持してくれますが、過剰に吸収することで、血管が拡張するために、この状態でタダシップを服用すると、同じような作用が起こるために副作用が起こりやすくなる。

 

副作用としては「頭痛、顔のほてり、めまい、気分が悪くなり、吐き気」など。

 

国内のデータによると微量ながらも症状を経験したことがある人はいるとのこと。ただし、通常は一時的なもので、薬の効果が収まると、副作用も弱まるために、さほど心配することはないとのこと。

 

 

あくまでも、アルコールを吸収することは悪いことではありません。薬との併用も問題はないのですが、毎回のように過剰にアルコールを服用した状態で、タダシップを服用すると、副作用の症状が強くなる恐れがあるので注意したい所。

 

 

上部へもどる