心臓病や狭心症の薬と勃起不全の薬

相合作用の関係

「勃起不全を改善してくれる薬」と効くと、少し”危険”ではないかと考える人もいると思います。しかし、多くの人にとってタダシップは危険ではなく安全な薬ですが、使ってはいけない人もいます。

 

どうしても、タダシップを服用するときは「性行為時」が多いために、身体に運動負荷がかかってしまいます。すると、健康な人なら問題はありませんが、心臓や血管に障害を抱えている人は危険な状態を招く可能性があるために気を付けなくてはいけません。

 

それから、心臓や血管に関連した薬を服用している患者が、タダシップなどの勃起不全治療薬を服用することも危険です。

 

基本的に、タダシップの作用としてはPDE-5を抑制することで、勃起不全を改善してくれるのですが、簡単に話すとこれは血管を拡張させる作用になります。

 

そのために、血管拡張作用のある心臓病や狭心症などの薬と同じ効果になります。そのために、同じ作用のある薬を服用すると相乗効果により、血管が拡張し過ぎてしまうのです。それにより、効果が強くなりすぎて、最悪の場合、血圧が高まり、死に至るケースも。

 

心臓病や狭心症の薬を処方されている人は、まずタダシップなど勃起不全治療薬を使う前に、担当の医師に相談を持ちかけることが重要になります。

 

 

上部へもどる