効果とは別の副作用が起こる可能性も?

タダシップの副作用

タダシップを服用する理由は、男として悩まされてしまう勃起不全を改善してくれるからです。

 

主成分であるタダラフィルは、勃起不全の原因である酵素「PDE-5」を抑制することで、今まで悩まされていた部分を改善してくれます。

 

しかし、効果とはべつに他の部分にも作用するために、副作用が起こる可能性もあるために、理解したうえで服用することが望ましくなります。

 

もともと勃起不全の元祖であるバイアグラ(主成分:クエン酸シルデナフィル)は、高血圧や狭心症の患者のた
めに開発された薬です。

 

そのために、同じ作用をもつタダシップを服用することで、血流や心臓に対する副作用が起こり「頭痛、動悸、赤面、胃の不快感」などが起こることがあります。

 

特に、服用の初期段階に起こりやすいとされているために、まずは自分に適用された服用量を把握することが重要になります。

 

用量が多いほど、副作用も発症しやすいために、最初はタダシップ1錠を4分の1や2分の1にカットして、容量を少ない段階から初めて見るのもよいかと思います。

 

勃起不全の効果のことを考えることも大切ですが、先々のことを考え、副作用のことも理解した服用をお勧めします。

 

 

上部へもどる