子供を生むために必要な精液

男女の生殖器機能の低下

以外にも子供を生むためのことを意識して勃起不全になることもあるそうです。

 

精子が卵管に到達すれば必ず妊娠をするわけでなく、確率としてはかなり低いそうです。そうなると、ある程度の緊張が走り、どうしてもプレッシャーに負けてしまい勃起不全に悩まされる人もいるそうです。

 

まぁ、このような勃起不全の場合、タダシップなどの治療薬を服用すればいいのですが、その他に子供の不妊症が考えられます。

 

生殖器官などに器質的な問題がある場合は、薬などで医療的な承知をすれば改善の見込があるとされています。器質的に異常はなく、例えば排卵もあるのになぜか妊娠しないというのは機能性不妊となる話はべになります。

 

原因が特定できない機能性不妊の場合、妊娠の方針が立てにくく、妊娠できたとしてもかなりの時間が必要とのこと。

 

しかし、原因は病気だけではありません。

 

私は機能性不妊の原因はホルモン系など体の何処かでバランスが崩れたために興るものだと考えられています。

 

ストレスや環境汚染、生活習慣などの影響でホルモンバランスが崩れると、生殖機能が低下する。男性であればホルモンバランスが崩れると、精子の数や運動量が低下して生殖能力は確実にダウンすると言われています。

 

これにより不妊の原因になったり、勃起不全を招いたりすることは十分ガンが得られます。

 

それから、女性であれば、排卵や生殖周期が乱れたり、受精卵の障害を起こしやすくなったりして不妊の原因になってしまうそうです。

 

一番は不妊を改善するために精子数を増やすこと。この悩みには亜鉛が含まれている食べ物を意識的に吸収することが重要とされています。

 

 

上部へもどる